薬剤師の求人からわかったこと

人間関係の悪い職場での薬剤師は辛い

人間関係の悪い職場での薬剤師は辛い / 人間関係でノイローゼになるほど / お金より職場の雰囲気が重要

私は子供のころから、医者になることを夢見ていましたが、大学受験の時医学部受験に失敗し医者が道をあきらめました。
それと同時に、浪人をするならば金銭的な問題で医学部は無理だと言われ医者の道はあきらめましたが、医療に関する仕事をしたいと思う気持ちは変わりませんでしたので、薬学部を翌年受験し第一希望ではなかったものの無事に合格することができました。
薬学部に入ってからは、本格的に薬剤師を目指すべく熱心に勉強しました。
文系の大学生は遊んでいるイメージがありますが、やはり理系の大学生は勉強をする時間が多かったように感じます。
アルバイトなどをしていましたが、3回生になるころにはやめて本格的に研究を続けるようにしました。
大学院まで行こうか迷いましたが、薬剤師になるのであれば直接大学院は関係ないと感じましたのでそのまま学部卒で薬剤師になることにしました。
時間はかかりましたが試験にも合格し薬剤師の求人がある病院に行ったのが私の不幸の始まりです。
当然就職するのは初めてでしたので、わくわくしながら毎日を過ごしていましたが、次第に現実を思い知らされます。
まず人間関係が良くなく、殺伐とした雰囲気が漂っています。